【Git入門】Gitを利用したチーム開発フローをイチから解説

ナレッジ

今回はエンジニア未経験者に向けて、Gitを利用したチーム開発フローをイチから解説します。

本記事を読むことで、Gitを利用したチーム開発フローを把握することができます。

個人開発とは少し違うチーム開発のフローを知っておくことで、初めてチーム開発を行う際に戸惑うことなく溶け込めるでしょう。

Gitを利用したチーム開発で登場するものを知る|全体概略図

全体概略図

上記の全体概略図に出てくるものが登場人物です。本当は他にも登場人物はいるんですが、大まかな流れを知る上ではこの程度で十分です。慣れてきたら肉付けすれば良いです。

リモートリポジトリについて

リモートリポジトリは主にプログラマーが作成したソースコードを保存しておく場所と思っていただければよいです。そして、このリモートリポジトリを利用するための有名なホスティングサービスとして下記のものがあります。

  • GitHub
  • BitBucket
  • GitLab

それぞれ個性があるので、自分に合ったホスティングサービスを利用するようにしましょう。

ローカルリポジトリについて

Gitにはローカルリポジトリという概念が存在します。SVNユーザーには新しい概念になりますね。

ローカルリポジトリについてもリモートリポジトリと同様、プログラマーが作成したソースコードを保存しておく場所と思っていただければよいです。

違いとしては場所がリモートにあるか、ローカルにあるか、というだけです。

チーム開発における開発フローを知る

開発フロー

メンバーとしてアサインされた場合は大体上記の図のような流れで開発を進めることになります。
現場によって多少の差異はあれど、大きく異なることはないはずで、この開発フローを知っておけば、アサイン時に戸惑うことはなくなるでしょう。

では、一つ一つについてもう少し深堀しておきます。

開発ブランチを作成する

大抵の場合、この開発ブランチを作成するのはリーダー格の人です。masterと呼ばれるプロダクトコードが保存されているブランチから、各案件毎に開発ブランチが作成されます。

Cloneする

Cloneはリモートリポジトリに保存されているソースコードをローカルにダウンロードしてローカルリポジトリを作成すること意味します。

今回の例でいうと、リモートリポジトリから開発ブランチをローカルにダウンロードしローカルリポジトリを作成する部分のことですね。

下記はCloneについて書いたものです。良かったら合わせて読んでください。

【GitBash】リモートリポジトリからファイルを持ってくる方法5つ
みなさまお疲れ様ですm(__)m今回はリモートリポジトリからファイルを持ってくる方法について解説します。SourceTreeやEgitなどのGitを操作するためのGUIツールはありますが、GitBashを使用したCUIの操作ができると早いですし、何よりカッコ良いと思います。

機能ブランチを作成する|branch,checkout

リモートリポジトリからCloneしてきた開発ブランチで開発はしません。開発ブランチからさらに自分専用の機能ブランチを作成して、その機能ブランチを使用して開発を進めることになります。

この時作成する機能ブランチは「機能ブランチ」と呼んでる通り、機能毎、タスク毎に作成するのが基本となります。

自由に開発する|add,commit

ローカルリポジトリ、自分専用のブランチなので、思う存分開発してください。
この時、自分専用のブランチに開発したソースコードを保存するために下記を実施する必要があります。

  • ステージング
  • コミット

ステージングは保存対象を決定することを意味し、コミットは自分専用のブランチにステージングで決定した保存対象を保存することを意味します。

Pushする

Pushはリモートリポジトリにソースコードをアップロードすることを意味します。
ローカルで開発したソースコードは忘れず、リモートリポジトリにアップロードしましょう。

プルリクエストする

リモートリポジトリにアップロードして『はい、おわり!』ではありませんのでご注意を。

リモートリポジトリにアップロードした後、プルリクエストというものを作成して、レビュアーにレビューしていただき、そして、リモートリポジトリにある開発ブランチにマージしていただく必要があります。

プルリクエストとは簡単に言えば、「開発ブランチのソースコード」と「機能ブランチのソースコード」を差分比較したものです。

マージする

レビュアーはプルリクエストを確認して、ソースコードに問題が無ければ、リモートリポジトリにある開発ブランチにソースコードをマージします。そのため、いちメンバーであれば特に実施しないものになりますが、把握ぐらいはしておいた方がよいです。

さいごにまとめ

今回はGitを利用したチーム開発の開発フローについて解説してきました。もし、理解できなかったり、忘れてしまった際は何度でも読み直してください。この開発フローを知っているだけで、現場に出たときに戸惑うことなくスムーズに開発ライフを送れることでしょう。

では、簡単ですがこれで終わりにしたいと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました