単一責任

設計

【見違える】知っておくべき設計原則|単一責任の原則

単一責任の原則(single-responsibility-principle)とは、「クラスやメソッドを変更する理由は一つで無ければならない」という考えです。そして、その考えは対象のクラスやメソッドの利用者にも及びます。しかし、やりすぎるとモジュールのまとまりがなくなる危険があるので程々にしておきましょう。
タイトルとURLをコピーしました